電子手形割引のご案内│手形割引・商業手形割引・電子手形割引なら全国対応の入江倉庫

電子手形割引・電子記録債権割引お取扱いのご案内

全銀協の電子手形ネット(電子手形サービス)の開始に合わせて、手形と同様に電子手形の割引(買取)も致します。金利等の計算方法、審査も手形と同じです。当日振込可!(銀行時間内)ですので、ご集金の電子手形も、手形同様、お申し込みください。

電子手形割引・電子記録債権割引の手順(資金化までの流れ)

お取引でご集金された(譲渡された)電子手形を、手形の裏書譲渡と同様に、電子手形ネット上で当社(口座)に譲渡していただくのとほぼ同時に、即日(銀行時間内)、御社ご指定の口座に割引(買取)代金をお振込み致します。
電子手形のメリットと言えば、銀行時間内であれば、電子手形割引のお申し込みから資金のお振込みまで、すべて当日(即日)実行できる点です。

電子手形サービス・電子手形ネットとは

現在の手形と全く別に新しく生まれた支払い方法で、全国銀行協会(全銀協)に加盟する銀行(都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信託銀行等)および全銀システムに加盟している全国の信用金庫、信用組合内で利用できる決済システムのことで、電子手形ネット(電子手形サービス)上で、譲渡(譲渡記録)されて、支払期日に、口座に振り込まれるシステムで、平成25年2月18日に開始されました。

電子手形とは・電子記録債権とは

電子手形とは、電子記録債権の通称で、上記の全国銀行協会(全銀協)の銀行間のネットワーク(電子手形ネット)上で、紙の手形と同様に、ネットで譲渡(譲渡記録)されて支払期日に、口座に振り込まれるシステムで、電子手形と呼ばれても、紙の手形をペーパーレス化したものではなく、あくまで別の支払い方法で、一般の多くの指名債権(売掛債権等)を一つにまとめたものと言えます。
電子手形の発行者だけでなく、譲渡者もふくめ、利用者がすべて登録されていなければなりませんし、ネットを誤作動なくスムーズに利用できる操作環境が必要です。又、銀行等での利用料金もまちまちな上、額面金額が分割譲渡、分割割引は可能ですが、紙の手形と違って、譲渡される方が、すべてネット対応が可能な場合に限るのと、各お取引銀行での割引が、紙の手形のようにスムーズに早くできずに、手間や時間がかかるのが一般的です。又、万が一、手形の不渡りのような、電子手形の支払い不能が発生した時に、手形訴訟等の簡単な法的手続きはとれずに一般の債権債務の関係に近い状態になるのが、不都合な点とも言えます。
紙の手形の方が、長期にわたって構築されたすぐれたシステムで流通量も多いために、使い勝手が良く、紙と電子と、どちらでご集金された方が便利かと言えば、現在は、はるかに紙の手形の方が便利でシステムが明確明瞭で、法的な手続き等も含めて、安心安全な決済手段と言えます。

電子手形割引とは・電子記録債権割引とは

自社で発行された「電子手形」でなく、お取引でご集金(譲渡)された「電子手形」も紙の手形と同様に、銀行や商業手形割引業者で割引(買取)が可能ですが、電子手形ネットの場合は、手形の裏書にあたる譲渡(記録)が、ネット上でのみ行われなければなりませんし、ネットを誤作動なくスムーズに利用できる方が必要です。
譲渡(記録)がすめば、当社に譲渡記録(手形の裏書)が確認され、事前にお伝えした割引(買取)計算金額を、指定の口座に、即お振込みします。割引OK銘柄で、譲渡(記録)が数分で終われば、実際にお申し込みからお振込みが完了するまで、日本全国中、1時間もかからないと思われます。
銀行で「電子手形」を割引される場合、契約書類を含め利用料金も明確でなく、手間や時間もかなりかかるようです。
「電子手形」でご集金の場合は、是非、当社にご用命ください。お申し込みお待ちしております。

電子手形の図式

  支払
債務
  支払
債務
 
支払企業
(メーカー)

納入企業
(下請業者)

納入企業
(孫請業者)
物品販売
納入
物品販売
納入
I 発生記録請求     II 譲渡記録請求
   
お取引銀行
BANK
  お取引銀行
BANK
  お取引銀行
BANK

口座間送金(期日に自動送金)

電子手形ネット(電子債権記録機関)

記録原簿
1. 発生記録 → 2. 譲渡記録 → 3. 支払等記録

手形割引に関する質問

手形割引についてのよくある質問を掲載しています。

tel